フードフォトグラファー平野慎一

top

profile

works

statement

chez hirano

contact

平野慎一撮影書籍

八王子パスポートVol.11

八王子はラーメンの激戦区。今回はラーメンの特集ページが組まれています。どこのラーメンも趣向を凝らしており、なかなか楽しめます。また今回は日野周辺のお店も多く取り上げられています。特にこちらの表紙の刀削麺は辛いもの好きにはたまらない逸品です。

東京食本Vol.8

寿司!天ぷら!蕎麦!大人が知っておきたいお店を公開!こういうお店は外から見たりWebで調べても、どういう料理が出てきて、一体いくら取られるのか?わかりません。そんな一流のお店を紹介!しかも、コスパに優れたオススメのお店ばかりです。

エキチカパスポートVol.3

どちらのエキチカかと申しますと中央線の荻窪〜高尾が取材対象エリアとなっております。このエリアは新しい注目のお店が続々出来ている注目のエリアです。美味しいお店が目白押しなので、買っておいて損はない一冊です。この一冊で10万円分得をします!

立川パスポートVol.13

立川には美味しいお店はたくさんあります。ただし、この本のすごいところは立川駅からアクセスできる東大和や武蔵村山までも取材を行っております。また立川周辺の昭島や国分寺のお店へも来訪。それぞれの街の雰囲気が全く違うのでこの一冊は楽しさ満載。

東京ノスタルジック BAR グルメ

BARという場は本来、食事をする前に待ち合わせで使ったり、食事をした後にもうちょっと飲みたいと思う時に立ち寄るもの。ところが本来の目的ではない「食事」をBARでわざわざするところに意義がある。所謂BARメシというやつだ。これこそがダンディズム!

うまいぞ!町の寿司屋

数寄屋造りの高級寿司店から下町の仰天コスパの店まで幅広く取材しました。今回、驚かされたのはお持ち帰り専門の寿司店の繁盛っぷり。。。お客さんが午後3時を過ぎてもひっきりなし。今の時代こういう形態もアリなんだなと実感しました。

小田急線+横浜線パスポートVol.1

今回のパスポートは、かなり広い範囲に及んでおります。小田急線は新百合ヶ丘より西。横浜線は相模原あたりがエリアになっております。今回私が主に取材したエリアは相模原と秦野でした。もう、ここまで来ると既に観光地です!個性的ないいお店が多々アリ!

町田パスポートVol.3

町田はとても活気のある街です。昼から飲めるコスパに優れた居酒屋から大人なBAR、オシャンティーなカフェまで様々な楽しみ方ができるのがこの街の特徴です!この本が丸々クーポンになっていますので、この1冊で今回は48万円分得をしてしまいます!

西多摩パスポートVol.3

青梅線沿線のお店を取材してまいりました。こちらの本が丸々クーポンになっています。福生などは米軍基地があるため、オシャンティーなお店が盛りだくさん。また、他の地域でも、新しくできたお店も多く、なかなか注目度の大きいエリアです!

東京食本Vol.7

今回の特集は丸の内。どちらのお店も輝いていました。中でも、この表紙を飾ったオザミトーキョーはピカイチでした。写真はサーロインのポアレですが口に運んだ瞬間、幸せがほとばしる感じでした。そのほかにも、絶対オススメのお店が盛りだくさん。

東京食本Vol.6

今回の特集では五反田を中心に回りました。表紙を飾ったのは、五反田といえばやはり老舗の「グリルエフ」。濃厚でほろ苦いデミソースはファンを魅了し続けます。昔の五反田は風俗の町でしたが、今やグルメの街へと変貌しております。

東京食本Vol.5

今回の特集エリアは神保町。嘗て文人が愛したあの味をご紹介!表紙は、江戸川乱歩が惚れた、神保町「はちまき」の穴子海老天丼。大迫力でした。また、神保町はカレー激戦区。どのお店も目が離せません!

Placeholder image