フードフォトグラファー平野慎一

top

profile

works

statement

chez hirano

contact

みたまのふゆ

Placeholder image

Placeholder image

Placeholder image

天穂日命/天菩日命 あめのほひのみこと

Placeholder image

武夷鳥命/建比良鳥命 たけひらとりのみこと

[別称] 天夷鳥命 あめのひなどりのみこと

[別称] 武日照命 たけひなてるのみこと

Placeholder image

大己貴命/大穴牟遅神 おおなむちのみこと

[別名] 大国主命 おおくにぬしのみこと

Placeholder image

Placeholder image

建御名方神 たけみなかたのかみ

伊邪那美神 いざなみのかみ

大山祇神 おほやまづみのかみ

宇迦之御魂神 うがのみたまのかみ

大山咋神 おほやまぐひのかみ

天照皇大神 あまてらすおほみかみ

迦具土神 かぐづちのかみ

素戔嗚尊 すさのおのみこと

菅原道真命

Placeholder image

Placeholder image

商売繁盛、五穀豊穣、良縁祈願、起業成就、病気平癒、家運降昌

Placeholder image

社号碑

社号碑

参道

参道

拝殿

拝殿

境内

境内

本殿

鷲宮神社本殿(手前)

ご祭神
天穂日命(あめのほひのみこと)
武夷鳥命(たけひなとりのみこと)

本殿

神崎神社本殿(手前)

ご祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)

神楽殿

神崎神社本殿(手前)

ご祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)

Placeholder image

Placeholder image

久伊豆神社

ご祭神

大己貴命 おおなむちのみこと

ご神徳

良縁成就

姫宮神社

ご祭神

活玉依姫命 いくたまよりひめのみこと

ご神徳

家内安全

八幡神社

ご祭神
応神天皇(おうじんてんのお)
ご神徳
出世開運

稲荷社

ご祭神

倉稲魂神 うかのみたまのかみ

ご神徳

五穀豊穣

鹿島神社

ご祭神

武甕槌神 たけみかづちのかみ

ご神徳

武運長久

神明神社

ご祭神

天照皇大神 あまてらすおおみかみ

ご神徳

国家安泰

諏訪神社

ご祭神

建御名方神 たけみなかたのかみ

ご神徳

盛業繁栄

八坂神社

ご祭神

素戔嗚尊 すさのおのみこと

ご神徳

厄難消除

御池社

ご祭神

彌都波能賣神 みつはのめのかみ
瑞津姫神 たぎつひめのかみ
市杵島姫神 いちきしまひめのかみ
田心姫神 たごりひめのかみ

ご神徳

招福除災

粟島神社

ご祭神

豊宇気毘売神 とようけひめのかみ 大年神 おほとしのかみ 天種子命 あめのたねこのみこと
木花開耶姫神 このはなさくやひめのかみ 奥津日子命 おきつひこのみこと 奥津比売命 おきつひめのみこと
軻遇突智命 かぐつちのみこと 瑞津比売命 たぎつひめのみこと 市杵島姫命 いちきしまひめのみこと
田心姫命 たごりひめのみこと 八千矛神 やちほこのかみ 大己貴命 おおなむちのみこと 大山咋神 おおやまくいのかみ
授田毘古神 さるたひこのかみ 武内宿禰命 たけのうちのすくねのみこと 天太玉命 あめのふとたまのみこと

ご神徳

開運招福

Placeholder image

出雲族の草創に係わる古社で「関東最古の大社」と云われています。関東における大鳥信仰の総本社格とされる事もあり「お酉様の本社」として有名です。その意味からも商売繁昌には欠かせない神社と云えます。

由緒は神代の頃、天穂日命(天照大神の第二子)が、東国統治のため、武蔵国に到来し、お供の出雲族27人の部族と地元の部族によって、当地の鎮守として大己貴命を祀ったことに始まるとされています。その後、日本武尊の東国平定の際、別宮を建てて天穂日命と御子神の武夷鳥命(出雲国造らの祖)を合祀したと伝えられています。 現在は、本殿向かって右が鷲宮神社で天穂日命と武夷鳥命が鎮座・向かって左が神埼神社で大己貴命が鎮まっています。拝殿は瀟洒な佇まいを為していますが、柴垣の外から見えるこちらの本殿の壮麗さは息を飲む迫力があります。

Placeholder image

Placeholder image

Placeholder image