フードフォトグラファー平野慎一

top

profile

works

statement

chez hirano

contact

Placeholder image

私は、料理を専門に撮影してきております。

よく、お客様から「なぜ料理のカメラマンになったんですか?」とご質問を受けることがございます。 そのような時は「食べることと、美味しいお酒を飲むことが大好きだからです!」とお答えしております。 やはり自分の大好きなものを撮影するのが一番いいのかなと信じております。

写真を撮影したことのある方なら、おわかりになるかと存じますが、その撮影対象がご自身の愛すべきものだと、すごくいい写真が撮れることがままあります。 たとえば、自分のお子さんだったり、ペットだっり、はたまた彼女だったり。。。 そういう写真には勝てないなぁとインスタなどを見ているととても勉強になります。

これは、どういうことかと申しますと、どこが萌えであり、映えの部分かということを知っている。もしくは、「萌え!」「映え!」と感じてシャッターを押しているんです。 わたしは、それが料理だったということなのです。

肉汁がじゅわっとしたところに萌えをかんじますし、グツグツ煮えてるアヒージョにはウヒョー!っと感じ、そのグッとくるポテンシャルを最大限に昇華させて、シャッターを切っております。 また、私は単に綺麗な料理写真は撮りません!美味しいと感じさせる写真を撮影することに喜びを感じています。

撮影におきましては、JPEGで撮影するといった乱暴な撮影はいたしません。私はRAWという形式で撮影を行なっております。これは、コントラストや色味で味付けされていない生のデータで撮影をし、帰宅した後PCにてレタッチという、さまざまな画像データの調整を行なっていきます。これにより画像データを劣化させる事なく最高の状態で納品させていただくことを可能にしております。 納品につきましては当日(27時まで)納品を基本としております。

また、ライティング技術につきましても自信を持っております。24年の経験の蓄積がございますので、どこが料理の萌えの部分か判断し、ライトを逐次移動させ、丁寧な撮影をお約束いたします。

しかし、私といたしましては、まだまだもっと感じる写真を撮れるのではないかと考えております。今後も自己研鑽に励み真摯に撮影に取り組んでゆきたいと思っております。

私はお客様第一主義でお仕事をさせていただいております。私はフォトグラファーというものは、あくまでもサービス業であると考えております。出版社様・広告代理店様・コンサルティング会社様・編集プロダクション様に気に入っていただけることは前提としてありますが、何よりも取材先やメニュー・販促物の撮影させていただいた店舗様が最終的に喜んでいただくことに力を注いでいます。

どのようなご要望もお気軽にお知らせください。私のすべてをかけて撮影に当たらせていただきます。

わたしは、料理を専門に撮影してきております。

よく、お客様から「なぜ料理のカメラマンになったんですか?」とご質問を受けることがございます。
そのような時は「食べることと、美味しいお酒を飲むことが大好きだからです!」とお答えしております。
やはり自分の大好きなものを撮影するのが一番いいのかなと信じております。

写真を撮影したことのある方なら、おわかりになるかと存じますが
その撮影対象がご自身の愛すべきものだと、すごくいい写真が撮れることがままあります。
たとえば、自分のお子さんだったり、ペットだっり、はたまた彼女だったり。。。
そういう写真には勝てないなぁとインスタなどを見ているととても勉強になります。

これは、どういうことかと申しますと、どこが萌えであり、映えの部分かということを知っている。
もしくは、「萌え!」「映え!」と感じてシャッターを押しているんです。
わたしは、それが料理だったということなのです。

肉汁がじゅわっとしたところに萌えを感じますし
グツグツ煮えてるアヒージョにはウヒョー!っと感じ
そのグッとくるポテンシャルを最大限に昇華させて、シャッターを切っております。
また、私は単に綺麗な料理写真は撮りません!美味しいと感じさせる写真を撮影することに喜びを感じています。

撮影におきましては、JPEGで撮影するといった乱暴な撮影はいたしません。
私はRAWという形式で撮影を行なっております。
これは、コントラストや色味で味付けされていない生のデータで撮影をし
帰宅した後PCにてレタッチという、さまざまな画像データの調整を行なっていきます。
これにより画像データを劣化させる事なく最高の状態で納品させていただくことを可能にしております。
納品につきましては当日(27時まで)納品を基本としております。

また、ライティング技術につきましても自信を持っております。
24年の経験の蓄積がございますので
どこが料理の萌えの部分か判断し
ライトを逐次移動させ丁寧な撮影をお約束いたします。

しかし、私といたしましては、まだまだもっと感じる写真を撮れるのではないかと考えております。
今後も自己研鑽に励み真摯に撮影に取り組んでゆきたいと思っております。

また、私はお客様第一主義でお仕事をさせていただいております。
私はフォトグラファーというものは、あくまでもサービス業であると考えております。
出版社様・広告代理店様・コンサルティング会社様・編集プロダクション様に
気に入っていただけることは前提としてありますが
何よりも取材先やメニュー・販促物の撮影させていただいた店舗様が
最終的に喜んでいただくことに力を注いでいます。

どのようなご要望もお気軽にお知らせください。
私のすべてをかけて撮影に当たらせていただきます。

Placeholder image

Placeholder image