フードフォトグラファー平野慎一

top

profile

works

statement

chez hirano

contact

みたまのふゆ

Placeholder image

日本武尊(やまとたけるのみこと)

商売繁盛・火防・海上安全・大漁満足
五穀豊穣・国家安泰・家内安全・交通安全
当病平癒・身体健全・開運・心願成就

Placeholder image

一の鳥居

一の鳥居

一の鳥居

一の鳥居

二の鳥居

二の鳥居

三の鳥居

社号碑に三の鳥居

四の鳥居

四の鳥居

五の鳥居・六の鳥居

五の鳥居・六の鳥居

拝殿

拝殿

扁額

扁額

拝殿彫刻

脇障子

拝殿彫刻

拝殿彫刻

拝殿彫刻

拝殿彫刻

拝殿彫刻

脇障子

扁額

扁額

燭台

芭蕉扇の燭台

拝殿

拝殿

拝殿

拝殿

拝殿

拝殿

拝殿内の大天狗

拝殿内の大天狗

ご利益
災厄消除・開運

拝殿内の烏天狗

拝殿内の烏天狗

ご利益
災厄消除・開運

烏天狗・大天狗

烏天狗と大天狗

ご利益
災厄消除・開運

不滅の御神火

不滅の御神火

ご利益
無病息災

狛犬に灯篭

狛犬に灯篭

古峯園

古峯園

Placeholder image

こちらの神社は天狗信仰がとても強いです。またの名を「天狗の社」ともよばれ民間信仰の対象となっております。天狗は神様の使いとして崇敬者に災難が降りかかったときに直ちに飛んできて災難を取り除いてくれる力を持つとされています。神社には崇敬者から寄進された天狗が所狭しと並べられておりました。中でも、拝殿内に安置されている鴉天狗と大天狗の木像は圧巻です。

拝殿内は撮影禁止と書かれてありましたが、お話しさせていただきましたら、どこでもすべて撮影していいですとお許しいただきました。とてもあたたかいご対応に嬉しさを覚えました。神社としてはきっと人を見て判断されているのかと思われます。インスタとか遊び半分での撮影はお断りなのかもしれません。日本庭園の古峯園の方も同じような対応をとっていらっしゃいます。

御朱印受付所とは逆の方向へ廊下を歩くと、拝殿を超えて左手に大天狗と烏天狗の巨大な一刀彫りの彫刻があります。こちらは江戸時代の作で一見の価値があります。また、その廊下のほど近くに、不滅の御神火があります。こちらの爐より湧き出る霊気(湯気)を浴びることにより無病息災で過ごすことができるとされています。

御朱印は、テレビでも紹介されているほど有名で人気があり、書き手により全部で十数種類あります。見本が掲示されており、好きな御朱印を選ぶことができます。しかしながら神職の手が空いているところで書いていただくので、数時間待つこともあるようです。一番いい方法としては、お任せで書いてもらうことだそうです。次に訪れた時は、何番の御朱印は頂いているので、他のものをと伝えればお取り次ぎしていただけるそうです。私などは、人気の書き手の御朱印をいただけたのですが、通常1時間半待ちのところを15分で書いていただきました。一番嫌われるのは、御朱印番号1番から2〜3〜4・・・と順番通りに指定してお願いする無法者だそうです。また、神札授与所では、印刷のものでしたらすぐに授与していただけます。

Placeholder image

Placeholder image

Placeholder image